お問い合わせ

ホーム > 東洋ライス株式会社

東洋ライス株式会社

精米機器メーカーから 世界初の「お米の総合メーカー」に

「技術を通じて社会に高度の貢献」を基本理念に技術開発一筋。
昭和36年、お米の中から石粒を選別する機械を発売してから現在に至るまで、常に米にまつわるさまざまな新しい技術を開発し続ける技術開発型企業です。

企業プロフィール

1961年、近代精米の幕開けとなる「トーヨー撰穀機」を発表。以降、現在では、環境と美味に配慮した稲作の土作り事業、新品種の種籾事業/総合食品加工機器製造販売事業、光学電子・農業機器の技術開発と製造販売事業/輸出及びプラントエンジニアリング/とがずに炊けるBG米及び環境事業/金芽米、金芽ロウカット玄米製造・販売事業/米加工品事業/炊飯指導事業/発電事業など多岐にわたる事業を展開しております。

採用担当者からのメッセージ

「お米でビジネス?将来性はあるの?」と思ったみなさん。日本の米消費は減少傾向だからと決めつけていませんか?そうした思い込みに惑わされることなく、”アイデアと技術で“お米革命を興し続けているのが東洋ライスです。

会社概要

企業名 東洋ライス株式会社
企業名(カナ) トウヨウライス
業種 製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、卸売業,小売業
事業内容 環境と美味に配慮した稲作の土作り事業、新品種の種籾事業/総合食品加工機器製造・販売業/輸出及びプラントエンジニアリング事業/とがずに炊けるBG米及び環境事業/金芽米、BG無洗米の製造・販売事業/米加工品事業/炊飯指導事業/発電事業
本社所在地 〒640-8341
和歌山市黒田12番地
マップ マップを見る
設立 昭和36年11月1日
資本金 1億円
売上高 82億1800万円(平成29年3月期)
主要顧客 全国の農業協同組合、食品商社、米穀業者、外食・中食産業、大手スーパー、各地生協、企業・病院の食堂、官公庁(学校給食事業)
代表者 代表取締役  雜賀 慶二
従業員数
正規社員
160名
非正規社員
9名
平均年齢(正規社員) 43歳
平均勤続年数(正規社員) 17年
育児休業取得実績 あり
特許、表彰、認定等 平成27年「BG無洗米による米のとぎ汁公害及びCO2排出の削減活動」が評価され「第24回地球環境大賞 環境大臣賞」等多数。
電話番号 073-471-3011
FAX 073-471-7033
URL http://www.toyo-rice.jp/

 banner_mail

banner_company1

banner_fair

banner_act

 

発信中!
労働政策課公式フェイスブック

労働政策課公式インスタグラム

banner_act_top